会社沿革
  1. Home
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

会社沿革

1960年

熱海観光土地(有)として発足 資本金700万

1980年

佳成食品有限会社に社名変更

1982年

台湾産活鰻の輸入開始

1985年

資本金1400万へ無償増資
台湾産加工鰻輸入開始

1986年

資本金2800万へ無償増資

1987年

熱海梅花山売却
株式会社に組織変更
ブラックタイガー輸入開始

1988年

資本金4200万へ無償増資
佳辰実業設立(10%資本出資)
台湾活クルマエビ輸入開始

1989年

(株)マール設立(20%資本出資)
台湾政府より10社が表彰される。

1990年

台湾宏益冷凍食品Bulldog Brand 生産開始

1991年

ヤマキ物産倒産

1992年

汕頭鰻連で蒲焼き試験的生産60t

1993年

中国福建省で鰻加工場を日中台の合弁会社福清信芳食品を設立し資本参加
(10% 30万ドル出資)

1996年

福清信芳冷凍へ出資 3200万

1997年

本社登記を東京に移転

1998年

合弁会社 福清信芳食品から撤退

2001年

創業20周年記念謝恩会を開催

2002年

神崎クリニックの土地建物(1億7000万)を富国物産より買入

2003年

中国蒲焼き安全認証制度始動
抗菌剤エンロフロキサシン残留で大混乱
ケイ アンド エス 倒産

2004年

本社移転(千代田区丸の内1-4-2 東銀ビル)
ケイ アンド エスの営業引き継ぎ 3名入社
中国杭州事務所開設
りそな銀行が富国物産の担保解除

2005年

春木屋善兵衛 開店
りそな銀行私募債2億発行

2006年

世幸水産有限公司に出資(8.44%)株持ち合い 業務拡大へ
創業25周年記念授与
記念配当 20%

2007年

本社移転(現、千代田区内神田 楠本第2ビル)

2009年

リーマン・ショックでデリバティブ為替商品で為替差損発生
春木屋善兵衛 撤退

2012年

りそな銀行など3行の支援決定
創業30周年記念を開催 台湾・中国仕入れ先招待

2016年

役員体制変更
(代表取締役会長 森山 喬司、代表取締役社長 吉田 哲生、専務取締役 山口 薫)

2017年

創業35周年記念謝恩旅行を開催
りそなキャピタル優先株2億6000万受け入れ それによって債務超過解消

2018年

りそな銀行中心のシンジケートローン成約
利下げ、個人補償撤廃、企業として正常化
役員体制変更
(代表取締役 吉田 哲生 取締役会長 森山 喬司 専務取締役 山口 薫 )

ページのトップへ